【SEO対策】ブログ記事の最適な文字数の目安は?|良質な記事を書くコツ

ブログ記事の文字数

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

”1記事の文字数は何文字が最適なの?”

ブログを始めたばかりの方にとって上記の問いは気になるテーマなのではないでしょうか?

 

結論を先に述べると、

”文字数は結果であり指標ではない”

という回答に落ち着くでしょう。

 

ただし、「SEO対策」や「Google AdSense」を視野に入れるのであれば文字数に関して多少の考慮が必要です。

そこで今回の記事では、そんな文字数の最適解に迫ると共にSEOを意識した記事を書くコツについても触れていきたいと思います。

 

ハニ太郎

興味のある方は是非最後までお付き合いくださいませ♪

 

文字数は多い方がいいの?

文字数

 

結論を先に述べると、

”多ければいいという訳ではない”

という回答になります。

 

しかし、少な過ぎるのは問題ありです。

その理由を知るべく本章では、

  • SEO対策
  • Google AdSense

以上2つの観点から文字数の最適解に迫っていきたいと思います。

 

SEO対策の観点から

SEO(Search Enjine Optimization)とは、検索エンジン最適化を意味しており、検索結果で記事を上位表示させるための取り組みをSEO対策と呼びます。

SEO対策を行うことによって検索エンジンからの流入が増えるため、より多くの方に記事を読んでいただけるようになるのです。

 

”では、そんなSEOと記事の文字数にはどういった相関関係があるのでしょうか?”

 

それを知るにはまず、「検索エンジンがどういった記事を上位に配置するのか?」を知る必要があるでしょう。

検索エンジンは基本的に質の高い記事を上位に配置するような仕組みを取っております。

質の高い記事とは、検索者が知りたい情報を的確に書いた記事のことです。

つまり、検索エンジンでは検索ユーザーのニーズに応えた記事が上位に表示される仕組みとなっていると言えます。

 

ハニ太郎

なるほど・・・検索ユーザーに寄り添った記事を書けば検索エンジンで上位表示されるのか♪

 

検索ユーザーのニーズは多岐に渡ります。

そんな検索ユーザーのニーズに応える記事を書こうと思ったら記事の文字数はどうなるでしょうか?

言うまでもありませんよね?

 

ここで言いたいのは、文字数が多いから検索上位に表示されるのではなく、ユーザーのニーズに応える記事を書こうとすれば自然と文字数が多くなってしまうということです。

因果関係を履き違えないようにしましょう。

ハニ太郎

文字数は結果に過ぎないんだね♪

 

人によって言いたいことを分かりやすく伝えるのに必要な文字数は変わってくると思います。

私の場合だと、大体3,000字程度。

これが正解かと言えばそういうわけではなく、必要とする文字数には個人差があるので、自分に合った基準を持つようにしましょう。

 

Google AdSenseの観点から

Google AdSenseとは、Googleが提供するクリック報酬型の広告配信サービス。

このサービスを利用するためにはGoogle AdSenseの審査に合格する必要があり、その審査の際に記事の文字数が問題となり得ます。

 

”では、Google AdSenseに合格するためには1記事あたり何文字以上必要とされるのでしょうか?”

 

結論からいうと、1記事あたり1,000字以上は必要

というのも、それより文字数が少ないと良質なコンテンツと見なされない可能性があるからです。

「1,000文字以下でも合格できる!」などGoogle AdSenseの審査に関しては諸説あります。

しかし一度原点に立ち返って考えてみてください。

ハニ太郎

原点とは・・・?

あなたがGoogle AdeSenseに合格したい理由はなんでしょうか?

Google AdSenseそれ自体に合格することが目的ではないはずです。

そこから多くの広告収入を上げることがあなたの目的なのではないでしょうか?

 

前節の内容を思い返してみてください。

記事を多くの方に読んでいただくためには、SEOの観点から検索ユーザーのニーズに応えた記事を書く必要があるのでした。

そして、検索ユーザーの多岐に渡るニーズを満たすためには結果的に文字数が多くなってしまうのでしたね?

 

どうせ記事を書くなら多くの方に読んでもらい、多くの収益を上げたいと思うのが普通です。

1,000字などと文字数に囚われることなく良質な記事を書くことが、あなたひいてはユーザーのためになるのではないでしょうか?

ハニ太郎

Google AdSense合格の先をしっかり見据えよう♪

 

本章のまとめを以下に記しておきます。

  • 検索エンジンでは良質な記事が上位表示される仕組みとなっている。
  • 良質な記事とは、ユーザーのニーズを満たした記事を指す。
  • 多岐に渡るユーザーのニーズを満たすためには結果的に文字数が多くなる。
  • 良質な記事を書くために必要とする文字数には個人差がある。
  • Google AdSenseは収益化の手段に過ぎないため、合格の先を見据え最低でも1,000字以上は欲しい。

 

冒頭でも述べたように文字数は結果に過ぎません。

文字数を意識するのではなく、検索ユーザーがどういった情報を求めていて、それを上手く伝えるためにはどうすれば良いかを考えましょう。

ハニ太郎

そうすることによって、あなたも検索ユーザーもハッピーになれることでしょう♪

 

良質な記事を書くコツ

先生

 

前章で「文字数に囚われることなく、ユーザーに寄り添った良質な記事を書けばいい」ということが理解できたかと思います。

 

”では、ユーザーに寄り添った良質な記事を書くためにはどうすればいいのか?”

 

私が留意しているのは主に以下の3点。

  • ユーザーのニーズを把握
  • 論理性(PREP法)
  • 画像や図などの活用

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

ユーザーのニーズを把握

今回の記事でいうと、「ブログ」「文字数」というキーワードで検索をかけている方がご覧になられているかと思います。

そういった方はどういう情報を求めているのか?

おそらく「最適な文字数は〇文字!」とだけ記されたとしても満足しないでしょう。

記事の文字数を気にされているということは少なからずSEOやGoogle AdSenseに興味があるとお見受けします。

そういった検索ユーザーのニーズにお応えしてはじめて上位表示されるようになるのです。

ハニ太郎

潜在的なニーズまで把握する必要があるんだね♪

 

”では、このように検索ユーザーのニーズを把握するためにはどうすればいいのか?”

 

一番簡単なのは、狙っているキーワードで実際に検索をかけてしまうという方法です。

私の場合、上位10記事には目を通しています。

上位に配置されているということは・・・

そう、検索ユーザーのニーズに応えた記事が載っているということです。

 

ここで気をつけていただきたいのが、あくまで参考程度に留めておくということ。

丸パクリは独自性がないとGoogleに判断される恐れがあるからです。

ただ、ニーズの把握にはうってつけなので、この手法を活用しない手はないと思います。

ハニ太郎

是非狙っているキーワードで検索をかけるようにしてみてください♪

 

論理性(PREP法)

文章を論理的にというと、「起承転結」を思い浮かべる方が多いかと思います。

しかし記事を書く上では「PREP法」がオススメ。

PREP法とは、以下の頭文字をとったもの。

  • P=Point(結論)
  • R=Reason(理由)
  • E=Example(具体例)
  • P=Point(結論)

最初に結論を伝え、次にその理由を説明、具体例で理由を補強し、最後に結論を再度提示するといった論理展開を示す。

この論理構成の良い点は、結論を最初に述べることで読者が迷子になりづらいところです。

記事を読んでいると、「結局何が言いたいの?」と思うことがしばしあるかと思います。

記事を書く前にPREP法を用いて論理構成を決めてしまい、それに沿って内容を肉付けしていくことでこの問題は解決されるでしょう。

ハニ太郎

PREP法を活用しよう♪

 

画像や図などの活用

どんなに内容がよくてもWeb上の記事はじっくり読まれにくい傾向にあります。

いわゆる流し読みが多い傾向にあるのです。

そういった中で論文のように文字が敷き詰められた記事を見たらあなたならどう思うでしょうか?

私なら「うわっ」と思い、ページを閉じます笑

 

このような事態を避けるためには、画像や図などを記事内に挿入するのが効果的です。

画像は読者の目を休ませてくれます。

図は文章で伝えづらい内容をひと目でわかりやすく伝えるのに効果的です。

箇条書きを用いれば見た目がすっきりします。

吹き出しを使うのも良いでしょう。

文章だけでは足りない点をこれらで補うことにより記事全体が読みやすくなるのです。

ハニ太郎

画像や図などを活用しよう♪

 

おわりに

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

あくまで文字数は結果に過ぎません。

文字数に固執するのではなく、検索ユーザーに寄り添った記事を書くことをオススメします。

そうすれば、『Googleが掲げる10の事実』にもあるように他のものはみな後からついてくるでしょう♪

コメントを残す