【エンジニア講座】ユーザ企業、SI企業、ベンダー企業の違いとは?

考える人

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

システムエンジニア(以下、SE)が活躍する会社には一体どのようなものがあるのか?

一口にSEと言っても様々な種類のSEがこの世の中には存在します。

「各種SEがどのような業務を行なっているのか」

ハニ太郎

その謎を紐解いていくために今回の記事では、SEが主に所属するユーザ企業・SI企業・ベンダー企業について解説していきたいと思います。

各企業の関係性

SEとして活躍するフィールドを考えた場合、企業形態は以下の3つに大別されます。

  1. ユーザ企業
  2. SI企業
  3. ベンダー企業

以上3つの企業形態の関係性をまとめたのが以下。

ユーザ企業、ベンダー企業、SI企業の関係

各企業形態の仕事内容については次章で詳しく述べていくので、ここでは企業間の関係性を大雑把に理解していただけたら問題ありません。

企業形態と仕事内容

この章では各企業におけるSEの仕事内容について述べていきたいと思います。

ユーザ企業

ユーザ企業とは、消費者に対する事業を展開している会社です。

ユーザ企業内の情報システム部門や情報システム子会社がSEの活躍するフィールドとなります。

自社もしくは親会社の情報システムの企画などを手掛けるため、システム開発の主に上流部分に携わるのが特徴です。

企画後、外部のSI企業ないしベンダー企業に情報システムの開発を発注します。

SI企業(元請け・下請け)

SI企業は、ユーザ企業の情報システムを受注し、ユーザ企業の要望に沿ったシステムを開発します。

なおSI企業は、ユーザ企業から直接発注を受ける「元請け企業」と、元請け企業から切り出された部分の発注を受ける「下請け企業」に大別されます。

ベンダー企業

ベンダー企業とは、基盤ソフトウェアを提供する会社です。

ソフトウェアベンダーと言われたりもします。

ベンダー企業はシステムを構築するための製品(サーバーやパッケージなど)を供給するため、ベンダー企業に所属するSEは自社ソフトウェアを武器に情報システムを構築することとなります。

どの企業に入社するべきか?

各社の業務内容については理解できたでしょうか?

これまでの話を踏まえ、SEはどの企業でどのような経験を積むべきなのでしょうか?

それを理解するには各企業の活動局面を把握し、SEとして必要となるスキルと照らし合わせる必要があるでしょう。

各企業のメリット・デメリットについてまとめたのが以下の図。

メリット・デメリット

上記の図と照らし合わせ、現在自分に足りないスキルを身につけることができる企業に入社することが望ましいと言えます。

おわりに

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございました♪

企業形態について理解し、自分の進むべきキャリアを捉えることができたでしょうか?

あなたが進むべき道を捉え、立派なSEとして活躍できるよう心から応援しております^^

コメントを残す