【Java入門】あなたがJavaを学ぶべき4つの理由とは?

【Java入門】あなたがJavaを学ぶべき4つの理由

こんにちは、ハニ太郎(@82_taro)です♪

  • Javaって難しそう・・・。
  • Javaを使って何ができるの?
  • どうやって学べばいいの?

Javaの学習を考えている人の中には、こう思われている方が少なからずいるのではないでしょうか?

かくいう私も仕事でJavaを使うことになり、当時はこのように思っていました。

しかし、今となっては「Javaを学んでおいて良かった〜♪」とつくづく思います。

なぜこのように思うのか?
Javaはとても魅力的な言語だからです。

そんなJavaという言語の魅力について次章以降で詳しく解説していきたいと思います。

ハニ太郎

最後まで読んでね♪

Javaを使ってできることとは?

Javaの勉強を始める前にJavaを使ってできるようになることを知りましょう。

モチベーションのアップにも繋がるからです。

Javaを使えば、様々なコンピューターで動作する多様なプログラムを開発することができます。

Javaでできることは主に以下の4つ。

  1. Webアプリケーション開発
  2. 業務システム開発
  3. PCアプリ開発
  4. Androidアプリ開発

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

Webアプリケーション開発

Webアプリ

Webアプリケーション(以下、Webアプリ)とは、ブラウザ上で動作するアプリケーション。

Javaで作られたWebアプリだと、TwitterやEvernoteなどが有名ですね。

Webアプリを開発するとなると、RubyやPHPといったプログラミング言語をイメージする方が多いと思います。

しかし、実行速度や堅牢性(丈夫)の観点から、それらの言語は大規模開発には向いておりません。

Twitterも当初はRubyで作られていたとのことですが、ユーザー数の多さに耐えきれずに途中からJavaを使って開発することになったそうです。

そのおかげでツイート数が爆発的に増えたことからもJavaの凄さが伺えます。

業務システム開発

業務アプリ

業務システムとは、業務効率化のための企業内システムや、金融機関の会計システムなどを指します。

安定稼働が第一と考える企業にとっては、堅牢性の高いJavaは最適な言語といえるでしょう。

そのため多くの大企業でJavaが採用されています。

PCアプリ開発

アプリ

PCアプリとはPC内で動作するアプリケーション。

オフィスソフトなどをイメージしていただければ良いかと思います。

Javaを採用することで、Windowsやmac、LinuxなどのOSを問わず動作させることができるため、商用アプリで利用される傾向があります。

Androidアプリ開発

アプリ

AndroidアプリのほとんどはJavaで作られています。

もしあなたがAndroidアプリを作りたいなら学ぶべき言語はJava一択といっても過言ではないでしょう。


ここまででJavaを使ってできることは理解できたでしょうか?

上記で示したようにJavaを使えば非常に多くのことができるようになります。

これだけでも十分勉強する価値のあるプログラミング言語であると言えるでしょう。

しかし、Javaの魅力はこれだけでは収まりません。

次章では、そんなJavaの魅力に迫っていきたいと思います。

Javaの魅力とは?

私が思うJavaの魅力は以下の4つ。

  1. 学びやすい標準的な文法
  2. オブジェクト指向への対応
  3. APIの充実度
  4. 多様なOSで動作する汎用性

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

学びやすい標準的な文法

コード

私はこれまで様々なプログラミング言語を学んできましたが、個人的にはJavaの文法が一番好きです。

なぜなら記述量は少し多いのですが、論理の構成が理解しやすく文法も体系化されていると感じるからです。

「よくできた言語だなあ〜」

というのが正直な感想。

なので、Java未経験だとしても文法はすんなり頭に入ってくるのではないかと思います。

なお、基本文法を理解する上では良書を一冊購入して体系的に学ぶのが良いでしょう。

Java初心者向けのオススメ本(入門書)は以下の記事で紹介しております。

【2018年版】おすすめのJava入門書を厳選して3冊ご紹介します!【2019年最新版】おすすめのJava入門書を厳選して3冊ご紹介!

オブジェクト指向への対応

オブジェクト指向

Javaの真価はオブジェクト指向と組み合わせて初めて発揮されます。

徹底したオブジェクト指向を学習する上でJavaより優れた言語は現時点で存在しないでしょう。

オブジェクト指向の本質を理解できさえすれば、仮に他の(オブジェクト指向型の)言語を学ぶことになってもそう苦労することはないはずです。

なお、オブジェクト指向については以下の記事を参考にしてみてください。

オブジェクト指向【初心者向け】オブジェクト指向とは?世界一わかりやすく解説してみた

APIの充実度

MacBook

APIとは、Application Programming Interfaceの略で、他者が作ったプログラムを自身のプログラム内で利用できる仕組み。

Javaでは非常に多くのAPIが提供されています。

「こういう処理ないかな」と思ってAPIリファレンスを調べたら、大抵は既に作られたものがあります。

車輪の再発明を防ぐことで開発効率が飛躍的に高まるので、APIの利用価値は絶大です。

ハニ太郎

ここでは全てのAPIを紹介しきれないので、どういう処理があるのか気になる方はAPIリファレンスを覗いてみて下さい♪
参考 Java API リファレンスJava API リファレンス

多様なOSで動作する汎用性

多くの機器

Javaは「JVM(Java Virtual Machine)」が入っているマシンであれば、OSに依存することなくほぼ同じコードで動作させることができます。

プログラム作成者がマシン毎の差異を考える必要がないので、そこの所の手間を省くことができるのは大変魅力的であると言えるでしょう。

Javaを使いこなせるようになれば沢山の人に使ってもらえるシステムを開発できるのです。

今後のJava学習について

ここまでJavaを使ってできることとJavaの魅力について触れてきました。

ここまでの話を踏まえて、Javaをマスターしたいと思っていただけたら幸いです。

では、Javaの学習を始めるにあたってどのように学習を進めていけばいいのか?

Javaの効率的な学習方法については以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

Javaおすすめの学習手順【初心者必見】Javaの学習方法ついて徹底解説|おすすめの手順はこれだ!

まとめ

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

Javaの魅力が伝わっていれば幸いです。

あなたがJavaを学ぶべき理由は、

  1. 学びやすい標準的な文法
  2. オブジェクト指向への対応
  3. APIの充実度
  4. 多様なOSで動作する汎用性

以上の4つと言えるでしょう。

これらを踏まえ、Javaをマスターすべく勉強に取り組んでみて下さい^^

ハニ太郎

あなたがJavaをマスターできるよう応援しております♪

コメントを残す