【2020年度から必修化】小学校でのプログラミング教育について分かりやすく解説

勉強をする小学生

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されることになりました。

それに伴い、世間では以下のような不安の声が。

  • 小学生にプログラミングって・・・
  • 小学生では理解できないのでは?
  • 専門知識のない教員が教えて大丈夫?

上記のような不安の声はプログラミング教育に対する勘違いから来ているものに他なりません。

  • そもそもなぜプログラミング教育が必修化されることになったか?
  • 小学校でのプログラミング教育は何を目的としたものか?
  • 具体的にどういったことを実施しようとしているのか?

これらの3項目を理解することで冒頭の勘違いは解消されることでしょう。

ハニ太郎

では本題に移っていきましょう♪

プログラミング教育必修化の背景

WHY

そもそも、なぜプログラミング教育が必修化されることになったのか?

誰にとっても、職業生活をはじめ、学校での学習や生涯学習、家庭生活や余暇生活など、あらゆる活動において、 コンピュータなどの情報機器やサービスとそれによってもたらされる情報とを適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な社会が到来しつつあります。

(中略)

こうしたことから、このたびの学習指導要領改訂において、小・中・高等学校を通じてプログラミング教育を充実することとし、2020年度から小学校においてもプログラミング教育を導入することとなりました。

出典:小学校プログラミング教育の手引

要するに、「プログラミングはこれからの時代に必要とされるスキルだから小学生のうちに学んでおきましょう」ということです。

またIT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果によると、2030年には約80万人のIT人材が足りなくなると予測されています。

今後もIT関連のビジネスは拡大していくと予想されるため、IT人材の確保は急務なのです。

日本としても諸外国に遅れをとる訳にはいかないため、プログラミング教育必修化に踏み出しました。

こうしたITの普及という時代背景から小学校でのプログラミングが必修化されることになったのです。

プログラミング教育の目的とは?

What is the purpose?

プログラミング教育の目的は以下の3点。

  • 知識及び技能の習得
  • プログラミング的思考の養成
  • 学びの姿勢・人間性の育成

上記の3点は「情報活用能力」の構成要素であると言えます。

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

知識及び技能の習得

「知識」及び「技能」とは一体何を指しているのでしょうか?

ここでの「知識」とは、コンピューターの活用事例を知ること「技能」は問題解決の手順を指します。

ここでよくあるのが、プログラミング言語を習得することが目的だという勘違い。

確かにプログラミング教育を通じて学生が言語を覚えることは考えられます。

しかし、小学校でのプログラミング教育は言語の習得を目的としたものではなく、あくまでコンピューターの活用事例や問題解決手法を学ぶことが目的なのです。

プログラミング的思考の養成

「プログラミング的思考」とは、意図した一連の活動を実現するための手順を論理的に考える力のことを指します。

決してプログラミング言語を用いた記述方法を学ぶことではないので注意してください。

プログラミング的思考を身につけることで、物事を抽象化して全体の流れを捉えることができるようになることから、本質を捉える力や論理的に説明する力が養われます。

プログラミング的思考は、まさにこれからの時代(情報を適切に選択・活用して問題を解決していくことが不可欠な時代)に必要とされる能力と言えるでしょう。

学びの姿勢・人間性の育成

上記2点の項目が理解できると次第に、それらの能力を活用して社会に貢献したいという欲求が芽生えることでしょう。

そういった学びの姿勢や人間性の育成もプログラミング教育の目的の一つと言えます。

学びの姿勢や人間性は将来に役立つもの。

そういった姿勢を早いうちに身につけてもらうためにもプログラミング教育は有用と言えるでしょう。

小学校でのプログラミング教育って具体的にどんなことをするの?

What to do?

プログラミング教育の目的は理解できたとして、その目的を果たすために具体的にどういった手法で小学生にプログラミングを教えるのでしょうか?

ここで注意していただきたいのが、”プログラミング”という科目は設けられない点。

プログラミング教育が始まるというと「国語」のような「プログラミング」という新しい科目ができるのではないかと思われるかもしれません。

あくまで既存の科目内でプログラミング教育を実施していくことになります。

例えば、「算数」の中で図を作成する際にプログラミング的思考も同時に学んだり、「理科」で電子製品とプログラミングの関係性を学ぶといった形式。

このように、ある科目の中でプログラミングの素養を身につけられるような取り組みが行われることになります。

おわりに

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございます♪

プログラミング教育に対する勘違いを解消することはできたでしょうか?

プログラミング教育を成功裏に収めるためには親である皆様方の理解が不可欠です。

新たな取り組みであるため、現状では手探りで教えていくことにはなるでしょうが、どうか温かい目で見守ってあげてください。

そういった姿勢がこれからの日本をより良くすることに繋がります。

さあ、日本がより良い社会になるお手伝いをしようではありませんか!

1 Comment

コメントを残す