【就活生必見!】エントリーシートの書き方と送るタイミングについて

書類を持つ女性

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

「エントリーシートを書くことになったけど何書いていいか分からない・・・」

「学生時代に頑張ったこと?そんなものないよ・・・」

「自己PR?なにをアピールすればいいのやら・・・」

「エントリーシートって早く出した方が有利なの?」

といったようにエントリーシートについて、このような悩みはつきものかと思います。

ハニ太郎

そんなあなたの悩みを解消すべく、エントリーシートの書き方と送るタイミングについて私見を述べていきたいと思います♪

エントリーシートの書き方

自己PRの書き方

MacBook

自己PR文を書くためには、まず自己分析を行う必要があります。

ハニ太郎

なお、自己分析については、以下の記事で詳しく書いていますので参考にしてみてください^^
【就活生必見!】自己分析のやり方と必要性についてを追加 (1)【就活生必見!】自己分析のやり方と必要性について

上記の記事を参考に自己分析を済ませたら、実際に文章を書き始めてみましょう。

書き方のコツとしては、はじめに結論(PRポイント)を記すようにした方が分かり易い文章が書けます。

だらだらとした文章だと結局なにが言いたいのか分からなくなってしまいがちです。

なので、まずは伝えたいことを明確にし、そのあとで肉付けをしていく書き方をオススメします。

 

次に、そのPRポイントを裏付けるエピソードを持ってくると説得力が増すでしょう。

面接官の立場になって考えてみてください。

例えば、私は好奇心旺盛です!とだけ言われてどう思うでしょうか?

ほんとに?その根拠はなに?と思いますよね?

過去のエピソードと紐づけることでその根拠を示せるので、結論を述べた後は具体的なエピソードを持ってくるようにしましょう。

 

最後に、その強みを企業に入ってどう活かすのか記せると尚良いです。

企業はボランティア団体ではないので、弊社に入社して活躍してくれそうな学生を採用したいと思っています。

御社に入ってこんな強みを発揮できますよ、とアピールすることで好印象を与えることができるでしょう。(エントリーシートを書く際は貴社と書くようにしてください。)

 

まとめると、

  1. 自分の強みを記す
  2. 過去のエピソードと紐づける
  3. 強みを入社してからどう活かすか記す

このように書くことができれば自己PR文はバッチリです!

学生時代に頑張ったことの書き方

ノートと筆記用具

そもそも学生時代に頑張ったことなんてないという方も問題ありません。

企業側が聞きたいのはどれだけ素晴らしいことをしてきたかではなく、その経験に対しどう向き合ったかであることをまずは理解しましょう。

 

書き方のコツとしては、はじめに成し遂げたことを記すと分かり易い文章になります。

その際に具体的な数字を入れられると尚良いです。

数字で表すことのできない経験を書く場合は無理に入れなくても問題ありません。

 

次に、その経験の中での困難とそれをどう乗り越えたかを記します。

ここが企業側の最も知りたい部分です!

入社してから完璧に仕事をこなせる学生などまずいません。

必ず壁にぶつかることになります。

なので、その壁の乗り越え方を身につけているか否かを企業側は知りたいのです。

エントリーシートを書く際はこの部分に比重を置きましょう。

 

字数に余裕があれば最後に、企業に入ってから想定される困難をどう乗り越えていくかを書ければバッチリです。

 

まとめると、

  1. 成し遂げたことを記す
  2. その経験の中で困難だった事柄を記す
  3. その困難をどう乗り越えたかを記す
  4. 入社してから想定される困難をどう乗り越えていくか記す

志望動機の書き方

紙とスマホ

志望動機を最後の章に持ってきたのには理由があります。

それは、志望動機を書く際は自己PRを織り交ぜる必要があるからです。

エントリーシートというと志望動機をまず連想する学生が多くいると思いますが、そもそも志望する企業は事後に分かるものです。

それを理解しないと面接でもうまく話すことができなくなってしまう事態に陥ってしまいます。

「まずは自己分析をすべし!」と良く言われる理由はここにあります。

自分という人間を理解した後で企業選びをすると、スムーズに志望理由が書けるようになると思います。

有名企業ばかりを受けて失敗してしまう学生がいるのは、この順番が逆になってしまっているからです。

 

書き方のコツは、「why」と自問自答して矛盾がないようにすることです。

なぜその業界なのか?

なぜその企業なのか?

なぜその職種なのか?

このように掘り下げて記すようにしましょう。

エントリーシートを送るタイミングについて

エントリーシートを送るタイミングについては諸説ありますが、私は期限前であればいつでもいいと思っています。

まあ早いに越したことはないですけど笑

無理やり早く出すよりはしっかり手直しした方が有意義かなとは思います。

おわりに

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

エントリーシートを出す際はしっかり見直してから提出するようにしましょう!

あなたが就活で成功できるよう応援しております^^

コメントを残す