【就活生必見!】自己分析のやり方と必要性について

【就活生必見!】自己分析のやり方と必要性についてを追加 (1)

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

「よし、これから就職活動を始めよう!」

「でも何をすればいいの?」

「自己分析をまずはやるらしい・・・」

「けどそれってどうやればいいの・・・?」

といったようにはじめは困惑することでしょう。

かくいう私も当時は何をしていいか分からずに困っていました。

ハニ太郎

そんなあなたの悩みを解消すべく、今回の記事では、自己分析のやり方と必要性について私見を述べていきたいと思います♪

自己分析の必要性について

そもそも、なぜ自己分析をする必要があるのか?

一言でいうならば、”幸せになるため”だと私は考えております。

 

ところで、あなたは就職活動における成功についてどのようにお考えでしょうか?

大企業に入社することでしょうか?

年収の高い企業に入社することでしょうか?

人それぞれ考え方は異なると思います。

 

私が思う就職活動における成功とは、”自分が幸せになれる企業に入社すること”です。

幸せの定義は人によって異なるでしょう。

だからこそ、自己分析をする必要があるのです!

 

自分とは一体どういう人間か?

どういうことに対して幸せだと感じるのか?

それを知らずして就職活動で成功することはできないのです!

 

就職活動において自己分析が重要視されている理由はここにあリます。

焦らず自分について理解することから始める。

これこそが成功への近道なのです。

自己分析のやり方について

どれくらい自分について理解すればいいの?

考える女の子

自己分析の必要性を理解できたら次に、自己分析のゴール地点を知っておきましょう。

すなわち、自分についてどれくらい理解できたら自己分析が完了したと言えるのか?

 

これについては、”絶対的な答えはない”と私は考えています。

偉そうにこの記事を書いている私も、自分について分からない部分がたくさんです。

なので、あなたには完璧を目指すのではなく、最低限必要な項目を理解してもらいたいと思っています。

 

最低限必要だと思う項目を以下に挙げました。

  • 長所・短所
  • 好きなこと・嫌いなこと

「え?これだけ?」と思われたかもしれませんが、まずはこれだけで十分です。

自己分析の本とかを読んでみると、細かいことや難しい手法で「〇〇をすべし!」と書かれていますが、まずは上記の項目をしっかり押さえましょう。

これだけ項目が絞れていれば、「自分にでもできそう!」と思えるのではないでしょうか?

注意
上記の項目は以下で述べる過去の経験と結びつける必要があります。

それさえできれば何も問題ありません。

ハニ太郎

なお、より深く自己分析を行いたいという学生は以下の書籍を参考にしてみてください^^

過去の経験について考えてみる

考える人

ここから先は自己分析の具体的な手法について。

長短所、好き嫌いについて知るためにまずは、過去にしてきた経験について振り返ってみましょう。

これまで意識せずともあなたは何らかの意思決定をしてきているはずです。

例えば、受験をする際に志望校を選んだり予備校を選んだりしたことでしょう。

また、サークルを選ぶ上でも何かに魅力を感じて入る決断をしたはずです。

まずは、そういった過去の経験を箇条書きにしてみましょう。

 

次に、箇条書きした項目それぞれに対して意思決定の判断材料となったものを書き出してみてください。

そうすることで、自分はなにを好み、なにを嫌ってきたのかがだんだんと見えてくるはずです。

好き嫌いについて理解できると、それに伴い自分の長短所が見えてきます。

 

まとめると、

  1. 過去の経験を箇条書きにしてみる
  2. それぞれに対する意思決定材料を書き出す
  3. 好きなこと・嫌いなことを書き出す
  4. 長所・短所を書き出す

まずはこの通りに実践してみましょう。

友達や家族に聞いてみる

友達

上記の方法を実践した後は、友達や家族に自分について聞いてみましょう。

小っ恥ずかしいかもしれませんが、とても重要なので実践することをオススメします。

 

あなたは自分は周りにどう思われているのか気になることはありませんか?

自分の思うあなた自身と他人から見たあなたにはズレがあるはずです。

そういった主観と客観の乖離を補ってくれるのが、このフェーズの役割になります。

自分の意見と周りの意見を組み合わせて総合的に自分を判断してみてください。

そうすることで説得力も増すことでしょう。

まとめ

ハニ太郎

ここまで記事を読んで頂きありがとうございます♪

ここまでの話をまとめたのが以下。

  • 自己分析は幸せになるためにする
  • 自己分析ができれば就活で成功できる
  • 完璧は目指さない
  • まずは過去の経験を振り返ってみる
  • 友達や家族に聞いてみる

自己分析については理解できたでしょうか?

この記事があなたの糧になれたら幸いです。

しかし、読んだだけでは意味がありません。

まずはここに書かれたことを実践してみましょう!

あなたが真の意味で就活で成功できるよう応援しております^^

コメントを残す