【就活生必見!】企業研究の目的とやり方について

紙とスマホ

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

「企業研究って具体的に何をすればいいの?」

「そもそもなんのためにする必要があるの?」

あなたはこのような悩みを抱えているのではないでしょうか?

かくいう私も当時は何をして良いか分からず、前日にネットで調べて面接に行ったりしていました。

少し深掘りされると、「調べてないから分からん・・・」といった具合です。

ハニ太郎

読者のあなたにはそうはなって欲しくないため、今回の記事では企業研究の目的とやり方について解説していきたいと思います。

企業研究の目的とは?

企業研究の目的は大きく分けると以下の二つ。

  1. 自分に合った企業を見つけること。
  2. 志望動機を書く際の情報を得ること。

そもそも自分に合った企業とは?

これは自己分析をしてみないと分からないことです。

ハニ太郎

自己分析を済ませていない学生は以下の記事を参考にしてみてください♪
【就活生必見!】自己分析のやり方と必要性についてを追加 (1)【就活生必見!】自己分析のやり方と必要性について

 

自己分析を先に済ませておくことで、企業研究の手間が省けるだけではなく、面接で志望理由などをスムーズに話すことができるようになるでしょう。

志望動機を考える際にも企業研究は役に立ちます。

同じ業界の企業を受ける際、業務内容は似通っていることがほとんどです。

そういった中で、どうしてその企業でなければならないのか?

企業は生き残るため他社と差別化しているはずです。

そのポイントをしっかり把握しておかないと内定を得るには至らないでしょう。

 

最終面接でよく落ちる学生がいますが、企業研究が足りていないことがその原因として考えられます。

最終面接までは通すか通さないかの選考。

それに対して最終面接は採るか採らないかの選考。

最終面接をパスするためにはその企業に入る意思・想いが問われます。

企業研究を怠ると「本当に弊社に入社する気あるの?」と面接官に思われてしまうのです。

企業研究のやり方

企業研究の目的は理解できたでしょうか?

ここから先は企業研究の具体的なやり方について解説していきます。

見るべきポイントについて

考える人

そもそも企業のどんな情報を調べれば良いのか?

大きく分けて以下の三点を調べておくべきです。

  1. 企業の特徴
  2. 他社との差別化ポイント
  3. 自己分析結果との整合性

企業の特徴とは、企業の事業内容、企業理念、制度などの基本的な情報を指しています。

正直ここまでは誰もがやっていることなので他の学生との差別化には繋がりません。

やっていて当たり前とも言える項目になります。

 

次に、他社との差別化のポイント。

売っている商品や取引先、事業規模など競合他社と差別化している部分は何か調べておきましょう。

この部分を怠ってしまうと、先ほど述べた最終面接で落ちるパターンにはまってしまう恐れがあります。

精神的に堪えるこのパターンは是非とも避けて欲しいものです・・・

 

最後は、自己分析結果との整合性。

ここが最も重要なポイントであるにも関わらず軽視している学生が多いため、他の学生との差別化にも繋がります。

なぜその企業でなければならないのか?

自己分析結果と繋ぎ合わせて説明できるようにしておきましょう。

具体的な調べ方

MacBook

見るべきポイントは理解できたとして、では一体どうやって調べれば良いのか?

情報化社会である昨今、ありとあらゆる情報が点在しております。

調べる際は情報を鵜呑みにするのではなく、「本当に?」と疑う癖をつけるようにしてください。

それを踏まえて以下のツールを利用してみることをオススメします。

  • 企業のホームページ
  • リクナビ・マイナビなどの企業ページ
  • 説明会・イベント
  • 本(業界地図や四季報など)
  • インターンシップ

特にオススメなのがインターンシップ

社員の生の声を聞くことができますし、他の学生との差別化にも大きく繋がるからです。

これらのツールを利用し効率良く情報を集めていきましょう♪

企業研究ノートのすヽめ

ノートと筆記用具

上記のツールを利用し情報を集めたら企業研究ノートにまとめておきましょう。

そうすることで情報を整理することができます。

ハニ太郎

企業研究ノートの書き方については以下の記事を参考にしてみてください♪
参考 【企業研究ノートで重視すべき5項目】書き方と自己分析の方法〜例あり〜キャリアパーク就活

おわりに

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

企業研究を怠ると痛い目に合うかもしれません。

そうならないよう早めに企業研究を済ませておくことをオススメします。

あなたが就活で成功できるよう陰ながら応援しております^^

コメントを残す