【就活生必見!】資格を持っていると有利なのか?|資格のメリット・デメリットについて

勉強している女の子

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

就活中って意外と暇な時間が多かったりしますよね?

そのような空き時間に「資格の勉強でもしようかな」とあなたは思っていらっしゃるのではないでしょうか?

そんなあなたに向けて今回の記事では、就活における資格取得のメリット・デメリットについてお話していこうと思います。

資格取得のメリット

よくTOEICや簿記は受けておいた方がいいというような話を耳にしますが、本当にそうなのでしょうか?

結論から述べると、資格は対して役に立たないというのが私の意見です。

それでもこの記事を書くのは、役に立つケースもあるからです。

現在資格を取ろうか迷っている人は、勉強を始める前に是非この記事読み進めていただきたいと思います。

資格の有効性について理解した後の方が高いモチベーションを持ち勉強が捗るからです。

ハニ太郎

それでは前置きが長くなりましたが、資格のメリットについて私見を述べていきたいと思います。

能力を顕在化できる

外資系コンサルマン

私の考える一つ目のメリットは、能力を顕在化させることで説得力が増す点です。

例えば、「これまで英語の学習に力を入れてきました」と面接で語るだけの学生と、履歴書にTOEIC900点と記載された上で同じことを語る学生では、言うまでもなく後者の学生の方が信憑性が高いと言えます。

このように、これまでしてきた経験を顕在化できる点で資格は大変有用です。

私は簿記の資格を持っていますが、過去に会計士試験を目指していたというエピソードに信憑性を待たせる上で有利に働いていたと今でも思っています。

そのため、面接官からの信頼を得るためにも必要とあらば資格の取得を目指すことをオススメします。

志望理由の本気度が増す

就活女子

二つ目のメリットは、志望企業への本気度が伝わる点です。

例えば証券会社を目指している学生が証券外務員の資格を持っていたら、「きっとこの学生は本気で証券会社に入りたいのだろうな」と面接官は思うはずです。

このように志望度のアピールにも繋がるのが資格の良いところです。

行きたい業界が定まっているのであれば、資格取得を目指す価値はあると思います。

資格取得のデメリット

逆に資格のデメリットは何でしょうか?

これは資格取得のために充てる時間です。

限られた時間の中で本当に資格を取得する価値があるのかしっかり考えましょう。

就職活動において資格は二の次です。

他にもっとやるべきことはないでしょうか?

それらを考慮した上でメリットがデメリットを上回ると思ったら資格の勉強を始めましょう。

おわりに

これまで資格について述べてきましたが、あくまでもたかが資格であるということは肝に命じておいてください。

されど資格なのですが笑

資格を取ったからといって状況がガラリと変わるようなことはまずありません。

大事なのは、自分の想いとの一貫性です。

資格に振り回せれないように気をつけましょう。

ハニ太郎

ここまで記事を読んでくださりありがとうございました♪

あなたが就活で成功できるよう応援しております^^

コメントを残す