Twitter企画初心者向けにその種類と始め方を完全解説します【1万文字超え寄稿砲】

Twitter企画

今回の記事では、Twitter企画の始め方をTwitter企画初心者に向けて送ります。
こんな人にお薦め
  • Twitter企画、参加した事あるけど自分では何してみたらいいかわからない
  • Twitter企画、やってみたいけど、応募なかったらちょっと怖いから心配
  • そもそもTwitter企画って何?
  • Twitter企画ってどんな種類があるの?

なお、本記事は寄稿記事となります。

ハニ太郎

つまり、私のブログに掲載しているものの私が書いている訳ではないということです!

上條さん(@MinatoWorks)が書かれています。

上條さんの詳細については後述。

ハニ太郎

それでは本題に移りましょう♪

Twitter企画のメリット

まずはTwitter企画のメリットをご紹介!

Twitter企画は私も何度かやってみましたが、以下のメリットがあります。

Twitter企画のメリット
  1. フォロワーが増える
  2. 自分のTwitterでのポジショニングに役立つ
  3. 実際になにかを提供する事によって経験値が高まる
  4. 楽しい!
  5. ブログのネタになる
  6. そこから収益になる仕事が生まれることも

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

Twitter企画のメリット①フォロワーが増える

まず第一のメリットとして、

確実にフォロワーが増えます!

というのも、現在のTwitter企画の特徴として企画開催者のアカウントをフォローすることが参加条件の一つとされている方が多いからです。

Twitter企画はインプレッションも高めになるので、良いことは多いですね。

あとは通常のツイートよりも拡散やシェアされやすいという特徴もあります。

フォロワーを増やすだけがTwitter企画の目的ではありませんが、反響力を高めていくためにもTwitter企画というものは良い方法だと思います。

Twitter企画のメリット②自分のTwitterでのポジショニングに役立つ

2つ目のTwitter企画のメリットとしては、「自分がTwitterでどのような立ち位置でありたいのか=ポジショニング」の役にたちます。

Twitter企画を通じて、この人はこういう強みがある、こういう特徴があるというアカウントの特徴や強みを周知してもらえる=プロモーションとしての効果も大きいのです。

ポジショニングとは?
自分自信が「どんな事が得意」「どんな人」「なんのプロフェッショナル(になりたいのか)」というものを周囲に知ってもらう、認知してもらうというもの。

Twitter企画のメリット③実際になにかを提供する事によって経験値が高まる

そして、自分自信が今後WEBやSNSで無料・有料に問わずサービスを提供していく上での大きな経験値ともなります。

実際にやってみないとわからないことは多々ありますし、失敗したとしても、その失敗したという経験が次につながるのです。

サービスをプロとして継続していく上では、以下が必要とされます。

  • プロとしての自覚
  • プロとしての質
  • プロとしての経験値

まずはスタートしたばかりの方の場合は、「経験値」を得るためにTwitter企画をやってみましょう。

お金は得られなくともお金以上に大きな経験を得ることができる!

Twitter企画のメリット④楽しい!

Twitter企画は楽しい!これはやはり外せません。

普段と違う人と何かしらの企画を共有することは非常に楽しいですし、またやりたいなと思う方も多いのではないでしょうか?

楽しい!という体験が原動力となり、またやりたい!という気持ちにもなりますし、Twitter企画の主催者、開催者が楽しんでやっていないと参加者が楽しく参加できないと思います。

Twitter企画のメリット⑤ブログのネタになる

そして、Twitter企画もブログ運営者なら「記事のネタ」となります。

自分でTwitter企画を開催し、それを記事にしてみることで体系的に情報を集積できる。

また、第二弾を募集するときにその記事が募集ツールともなります。

サイトにツイートを挿入も可能なので、ダイレクトにTwitter企画の概要をまとめることも可能です。

Twitter企画のメリット⑥そこから収益になる仕事が生まれることも

そして、ポジショニングがなされた上で、仕事が発生することもしばしば。

やはり仕事とは、周知+独自性+効果が口コミとして広がっていくものであると感じます。

独立したい方はいきなり独立するのではなく、独立前にTwitter企画で反響や自分が独立後に提供したいサービスのフィードバックにも役立ちますね。

Twitter企画とは?

Twitter企画とは、ブロガー等がTwitterのフォロワー◯◯人達成など記念に開催するイベントの事です。

各々、自分の出来ることや得意な事を題材としてTwitter企画を開催しています。

例えば以下のようなものが挙げられます。

  • イラストが描ける→イラスト描きます企画
  • 筆字、習字がうまい→書道企画
  • コンサルができる→無料コンサル
  • お金がある→プレゼント企画
  • アイディアがある→そのアイディアを使っての企画
  • 拡散力がある→シェア系の企画
  • みんなで盛り上がりたい→お祭り企画

Twitter企画の種類

そんなTwitter企画の種類ですが、調査をしてみたので以下にまとめてみました。

Twitter企画の種類
  1. 紹介系のTwitter企画
  2. プレゼント系のTwitter企画
  3. 情報公開のTwitter企画
  4. デザイン制作系のTwitter企画
  5. 拡散シェア系のTwitter企画
  6. 動画制作系のTwitter企画
  7. イラスト描きます系Twitter企画
  8. 書道系のTwitter企画

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

①紹介系のTwitter企画

Twitter企画の種類一つ目は紹介系のTwitter企画。

この企画ですが、SNSであるTwitterの特性をうまく活かして自分の固定ツイートやツイートなどで企画応募者の記事やサイト、またはプロフィールなどを紹介していく企画です。

紹介をすると言っても無機質にシェアするだけではなく、言葉や感想を添えての紹介が効果的です。

例)
あなたのサイトを紹介します。
あなたのアカウントを紹介します。
あなたの臨むツイートを紹介します。

  • 企画難易度:★
  • 企画の新しさ:★
  • 企画に向いている人:時間がある人

この企画は多くの人がまずはTwitter企画といえば!と思いやっているので目新しさはありません。

紹介の方法などを工夫するといいかもしれません。

例えば、イラストで紹介や音声で紹介、動画で紹介、五七五で紹介などです。

②プレゼント系のTwitter企画

次にプレゼント系のTwitter企画です。

この企画はプレゼントといっても有形、無形があるのでジャンルは多数。

例えば有形のものだと、現金やアマゾンギフト券などもあり、無形なものだと、健康を祈ることから音を届けるなど多数あります。

私が覚えているプレゼント企画で熱かったのは「あやねくん」の企画で、あなたのテーマ曲を箏で作っていた企画。

これはめちゃ感動しました。

  • 企画難易度:★★★
  • 企画の新しさ:★★
  • 企画に向いている人:資金がある。提供できるものがある。

この企画の注意点としては、有形のものを届ける場合、相手の住所などを聞かなくてはならない場合もあり、個人情報の保護の観点から要注意でもある。

また、大金動画を載せて大金を山分け企画も多数見られるけどこれは釣りである可能性やフォロワーを増やしたい=アカウント価値を高めて別の目的に使用したいなど色々な側面があるので参加するときも要注意でもあります。

③情報公開のTwitter企画

次に紹介するTwitter企画は「情報公開系」の企画。

「RTが100超えたら無料で有益な情報をnoteにしてリリースします」などが多いように思います。

なにかの分野で卓越した知識などがある場合は有効ですが、そもそも需要がないとRT100など達成できませんので、そこも留意しなくてはなりません。

  • 企画難易度:★★★★★
  • 企画の新しさ:★★★
  • 企画に向いている人:なにかの分野でプロフェッショナルであり、周りからも認知されている人。

どんな情報を公開するかにもよりますが、情報量とその価値を考えてやった方が良い企画。

④デザイン制作系のTwitter企画

Webデザインや名刺デザインなど、デザインができる方におすすめなTwitter企画。

デザイン制作系の企画です。

こちらは形として残るので、イベント終了時にも使ってもらえたり、また形で残るのでプロモーションが可能となります。

しかし、デザインができないと開催できないイベントなので、デザインの勉強をしている方や今後デザインで独立したい方は今自分ができる範囲でTwitter企画としてやってみるのもありですし、実際にデザインしてみると良い経験ともなります。

  • 企画難易度:★★★★★★★
  • 企画の新しさ:★★★★
  • 企画に向いている人:ウェブデザインのソフト(AL・PS・Canvaなど)を使ってデザインが出来る方。デザインが好きな方。

Twitter企画で、デザイン系をされている人自体が少ないので目立つことは間違いないですね。

あとはそのオリジナリティやクオリティなどが大切だと思います。


ちなみに、「Canva」でTwitter企画に使えるフリー素材をみっこさんのサイトみっこむにて公開されています。

⑤拡散シェア系のTwitter企画

Twitter企画にエントリーされた方のツイートやサイトなどを拡散するだけというシンプルな企画。

Twitter企画ではけっこうスタンダードな企画です。

ハードルが低い分、目新しさがなくなってきているので、どのようなシェアをするかによって独自性を求めていきたい企画。

  • 企画難易度:★
  • 企画の新しさ:★
  • 企画に向いている人:とにかくシンプルにまたは難易度低くTwitter企画をしてみたいっていう人。

もちろん、拡散者のインプレッションや拡散力によってこの企画の規模や効果は変わってきます。

しかし、拡散することによって小規模でも見てもらえる人が増える可能性を存分に秘めているとても良い企画でもあります。

「Twitter企画やってみたいけど、ちょっと不安」という人はまずはこれをやってみると良いかもしれませんね。

⑥動画制作系のTwitter企画

次に紹介するのはTwitter企画でまだまだ数が少ない企画、動画制作企画。

動画制作は手間がかかり、ソフトも必要だったりしますので、参入者は圧倒的に少ないのが特徴です。

そして、動画制作にもかなりの時間が必要となり、連発できない企画。

ちょうど10月に跳躍動画クリエイターの八重歯さんとコラボして「ブロガープロモーション動画」を限定10名様限定で制作するという企画を行いました。

※現在上記のイベントは終了しております。

  • 企画難易度:★★★★★★★
  • 企画の新しさ:★★★★★★
  • 企画に向いている人:動画制作が好き。動画制作のプロモーションをしてみたい。

実際に動画という最も目立つ企画。

簡単なフリーソフトなどでこの企画を開催するものありですが、受け入れる人数は最初は少なめの方が良いです。

今後、動画制作系のTwitter企画をする人もまた現れるのかもしれませんね。

⑦イラスト描きますよ系のTwitter企画

イラストを描きますよ!系のTwitter企画です。

こちらは様々な絵師様やイラストライターさんが開催しております。

例えば、以下のような企画。

  • 企画難易度:★★★★
  • 企画の新しさ:★★★★
  • 企画に向いている人:イラストを描くのが好き。イラストを描きたい。人に喜んでほしい。

イラストを描くので、早ければ数分で1人分達成できる可能性もあります。

多いのは、Twitterでのアイコンやヘッダーなどにそのまま使ってもらえるタイプが多いですね。

Twitterでは、「ねころす神」などがよく企画として開催している印象です。

⑧書道系Twitter企画

書道系のTwitter企画です。

筆文字などで、好きな文字を書いてくれる!という企画が多いですね。

ちょうど新春なので、書き初めみたいな感じで書いてもらえる機会も多いかも。

ちなみに好きな字体だったり、魅力的な筆文字の方が多いように感じます。

サイトのロゴに使わせてもらうことも可能です。

  • 企画難易度:★★★★★
  • 企画の新しさ:★★★★★
  • 企画に向いている人:書道をやっていた。文字を書くのが好き。

書道、昔からあるものですが、未だに人気が高いものです。

小さい頃から書道をしてきた方!案外良い企画になる可能性が高いです。

機会があれば是非お試しを!!!

Twitter企画を始めるにあたっての注意点

Twitter企画をするにあたっての注意点があります。

その注意点とは以下。

  • あまり負担が大きい企画は大変
  • 採用人数制限を設けた方が管理しやすい
  • スベっても気にしない

ココらへんが大切かなと思います。

なぜなら、まずは負担が大きすぎると本来自分がやるべき活動ができなかったり、日常生活に支障が出る場合があります。

また、企画の採用人数をエントリーした人全員としてしまうと途方もない時間がかかります。

最初は、先着か選考で数名が妥当なラインだと思います。

また、最初は反響がなくて当然だと考えてTwitter企画を募集して誰もエントリーがなかったり反響が小さくても気にしないことが肝心です。

折角の企画が滑るのは悲しいですが、次いこう!と切り替えるのが大切です。

Twitter企画の始め方

Twitter企画をどうやって始めたらいいのか考えてみました。

Twitter企画の始め方
  1. やってみたいTwitter企画を考えてみる
  2. 詳細を考える(募集期間、内容、採用人数、いつからスタートするのか?)
  3. ツイートして募集開始(または記事にするのもアリ)
  4. 参加者を待つ
MEMO
Twitterで身近な人に前もってアナウンスしておくと参加者が増えると思います。

まずはやってみたいと思うTwitter企画や、タイムラインなどで見かけたり自分が参加者として参加してみたTwitter企画など誰かがやっている企画でも良いと思います。

自分がコレをやってみたいなと思える企画を見つけることが大切ですね。

次に募集期間。

あまり長すぎても非効率的なので、長くても1週間くらいが妥当でしょう。

内容については、以下を明確に!

  • いつからスタートし
  • どのような事をするのか

ツイートは字数制限があるので、書ききれない場合は、画像として「Twitter企画」の説明を作成するのも良いですね。

そして募集開始!

募集開始したら固定ツイートにしておくとより効果的です。(普通のツイートだとタイムラインで流れてしまいますからね)

募集を開催し、エントリーがあれば、抽選か先着かで誰を採用するのかを決める段階です。

私はランダムな抽選も好きですが、ある程度、相手の本気度や企画との相性をみて決める選考型をおすすめしたいですね。

最近、僕が運営として参加させてもらい、盛り上がっていた企画としては「萌えリスプロジェクト」

かわいいリスのイラストを描いてリプライするだけのTwitter企画でしたが、かなり多くの方が参加してくれて嬉しかったです。

カミジョーがやったことあるTwitter企画と反響

最後にカミジョーがやった事があるTwitter企画とその反響などをまとめておきます。

沢山やってきたので、全部は載せられないと思いますが、参考になれば幸いです。

1.「1文字5円ライターカミジョーの寄稿砲」あなたのサイトに寄稿します企画


まずは、寄稿砲企画!

この記事もこちらの寄稿砲企画の一環でそう言えば書いています。

◯反響

この寄稿砲企画をやったのは2015年以来でしたが、実際に10000円相当の記事を寄稿してもらえるので価値はあるのかなと思います。

なお、募集は1月8日までです。

2.「あなたの事をラジオトークで紹介しますメリクリ企画」


次に、ラジオトークというアプリがあり、誰でも12分のラジオ番組をオンエアできるというアプリですが、そちらでエントリーした方をご紹介しますよ!という企画を行いました。

音声という形に残るもので紹介する→サイトに挿入するなどブランディングに使えると思います。

◯反響

実際にアプリをインストールしなくても、スマホやPCのウェブ上で聞けるのでお手軽感はありました。

最大12分間の収録や話す内容を決めなくてはなりませんが・・・。

3.【幸せの祈り聖誕🎅コラボ企画】

  • 黒豆&上條が幸せの祈りリプ2つをRT計4回!
  • 抽選で◯◯名様に聖誕アイコンをプレゼント🎁+2人から祝福砲!


こちらは黒豆仙人さんと一緒にやったコラボ企画。

Xmas企画ということもあり、とても盛り上がっていましたね。

仙人、ありがとう!!!!

4.「12月のPV底上げオラオラサイト拡散企画!」


エントリー者の記事を5ー全部読んで感想付きでシェアします!企画でした。

これはかなり反響もありますが、めちゃ疲れます。

実際に、SNSシェアボタンがないサイトも多いので、SNSシェアボタンはめちゃ必要なのではないかなと思います。

5.フォロワー増やしたりもっと絡みたいけど、誰をフォローしたらいいのかわからない人のための企画です」


こちらは今もツイ友の部屋として稼働しておりますが、Twitter上での友達が増やせる良い企画でした。

基本的にカミジョーのサブアカウントのワンコがやっている企画=人つなぎ企画ですが、人は、ちょっとしたきっかけがあると人との壁がなくなるのだなぁと感じられたあたたかい企画でした。

6.「あなたの記事を読めるだけ読んで月末のPV底上げします!」


こちらもオラオラ底上げ企画!楽しかったです。

7.カミジョーが記事を読んで感想付きシェアします企画


記事を読んでただシェアするのではなく、「感想をつけて」シェアするというのが非常に意味があると思います。

無機質RTでは、あまり意味がないので、ちょっとした手間がかかっても、感想を添えてシェアするようにしています。

8.「あなたの@以降命名考えます」


これはもうやらないと思います。

とっても大変でした。

アットマーク以下にかっちょいい命名や肩書をクリエイトしたかったのですが、思いの外難易度が高いTwitter企画でした。

9.カミジョーがあなたのブログ10記事をTwitterで感想付き拡散しますよ企画!

10.【フォロワーが増えるTwitterプロフ文コンサル】企画


こちらは、良い企画でした。

けっこうTwitterのプロフィール文、みなさん適当な感じやブランディングできていない方が多かったので、また機会があればやってみたい企画です。

実際にTwitterプロフィール文を添削しより良いものを提案できるようにしていきたいですね。

次回もね!

11.あなたの記事タイトルを軽量化させます」企画


こちらはなにかがわるかったんでしょう。

めちゃ不発感ありましたが、記事タイトルが長い方や短く短縮する方法がわからない方は多いので需要はあるのかなーと思います。

12.「あなたのブログ、1日1000アクセスにしますコンサル」


こちらはアクセスを上げよう!という企画!

またいずれガチでやってみたい企画ですが、長期的なコンサルとなるので無料の域ではない企画でした。

13.「あなたのブログの良いトコ探し・ダメ出ししますよ企画」


こちらはけっこうやられている方多いのですが、ダメ出しよりも良い所探しを一緒にやっていきたいなと思う企画です。

14.「AdSenseに落ちた人向けコンサル」


こちらは、今カミジョーが運営している「アドセンチサロン」というアドセンス合格のためのオンラインサロンの前身といっても良い企画でしたね。

かなり需要はあると思います。

上記以外にもTwitter企画をやってきたと思うのですが、実際にTwitterの検索窓で検索してみて出てきたものを新しい順に挿入してみました。

参考になれば幸いです。

Twitter企画まとめ

Twitter企画のまとめです。

  • Twitter、自分が動くことによって、見える景色も変わってくる!
  • アクションに比例してアカウントは成長する!
  • すべては相手ありき!人が喜んでくれる企画を考えよう!
  • 人生は何事も経験!失敗しても気にせず次にいこう!

今回の記事を寄稿するにあたり、僕が「Twitter企画」で大切だなと思うことは以上です。

誰もがチャンスがありそしてアイディアと行動力次第であっという間に圧倒的に物事は変化していく。

この記事13000文字ほどですが、最後まで読んでくださったあなたに幸あれ!

この記事を書いたカミジョーとは

カミジョー、38歳。フリーランスです。

現在は、サロン運営。コンサル業(個人・企業)。サイト制作。イベンターなどをして活動中。

サイト運営者としての実績としては、月間130万アクセスを超える。月間収益も7桁を超える。

現在は、ライターよりも「次世代」を育成することにシフトした活動をしております。

好きな言葉と信条は
「置いてきぼりを出さすに、全員で勝つ!」

・Twitter
カミジョーのTwitter

・運営サイト
上條晴行.com

コメントを残す