【秒速で解決】WordPress5.0へアップデートした後|元の編集画面(エディタ)に戻す方法について解説

WordPress新エディタ

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

2018年12月6日、WordPress5.0(最新版)がリリースされました。

いわゆるメガバージョンアップってやつです。

それに伴い皆様がこれまで使っていた編集画面(エディタ)が廃止となり、新たなエディタが追加されました。

新エディタの名は「Gutenberg

・・・これが慣れていないと使いづらい!

そこで今回の記事では、WordPress5.0にアップデートしたものの元の編集画面に戻したいという人向けにその手順をお伝えしていきたいと思います。

ハニ太郎

簡単だから安心してね♪

元の編集画面(エディタ)に戻す方法

手順はとても簡単。

プラグインを導入するだけです。

Classic Editor

普段通り「プラグイン」→「新規追加」

検索窓に「Classic Editor」と打ち込みます。

インストールを終えたら「有効化」を忘れずに!

他に手を加える必要はありません。

「Classic Editor」で編集しつつ「Gutenberg」にもしっかり触れておこう

今回紹介した方法は、あくまで小手先のテクニックに過ぎません。

ずっと「Classic Editor」を使い続けられる保証もないですし、一部テーマやプラグインが機能しなくなることも考えられます。

そのため遅かれ早かれ「Gutenberg」に慣れておく必要があるでしょう。

「設定」→「投稿設定」からいつでも変更可能ですのでしっかり対応しておくことをオススメします。

なお、「Gutenberg」の使い方について気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

参考 WordPressの新しいエディタGutenbergの使い方!すきなことぜんぶ

おわりに

テーマやプラグインがWordPress5.0に対応できていない可能性があるので最新版へのバージョンアップは慎重に!

また、バックアップはしっかり取っておくようにしましょう。

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪

1 Comment

コメントを残す