エンジニア向けサイト「ENGINEER LIFE」を開設

スリープノーモア【感想】ニューヨークで絶対に観ておくべきミュージカル

スリープノーモア

ハニ太郎

こんにちは、ハニ太郎です♪

先日、ニューヨークでも近年話題となっているミュージカル、スリープノーモアに参加してきました。

最初に言っておきますが、
「ニューヨークでどのミュージカルを観るべき?」
と問われたら即答で・・・

スリープノーモア!!!と答えます。

スリープノーモアの何がそんなに魅力的なのか?
本記事を読めば少しは理解できるはずです。

ネタバレはしないので安心してください!

ハニ太郎

では本題に移りましょう♪

スリープノーモアの基本情報

スリープノーモアは”新感覚体験型ミュージカル

他のミュージカルの場合、開演前に自分の座席につき舞台で行われるミュージカルを鑑賞します。

一方、スリープノーモアには座席という概念が存在せず、自らの足を使い演劇を目撃していくのです。

舞台はチェルシーにあるマッキトリックホテル。

地上6階、地下1階からなる館内を演者さんを追いかけるため走り続けることになります。

そう、ホテル自体がミュージカルの会場なのです!

なお、スリープノーモアは『マクベス』と『レベッカ』をベースに作られたミュージカルとなります。

マクベス』(Macbeth)は、1606年頃に成立したウィリアム・シェイクスピアによって書かれた戯曲である。勇猛果敢だが小心な一面もある将軍マクベスが妻と謀って主君を暗殺し王位に就くが、内面・外面の重圧に耐えきれず錯乱して暴政を行い、貴族や王子らの復讐に倒れる。実在のスコットランド王マクベス(在位1040年–1057年)をモデルにしている。

引用:Wikipedia

レベッカ』(Rebecca)は、1940年のアメリカ合衆国のサイコスリラー映画(英語版)。ダフニ・デュ・モーリエの『レベッカ』を原作とした、アルフレッド・ヒッチコックの映画作品。

引用:Wikipedia

実際に行った立場から、マクベスだけでも事前に予習しておくことを強く勧めます!

というのも、あらすじを把握していないと、どの演者さんが何役なのか見当もつかないからです。

スリープノーモアの雰囲気は以下を参考に。

なお、スリープノーモアのチケットは公式サイトTodayTixから購入することができます。

事前に知っておくべき注意事項

スリープノーモアに参加する際、事前に知っておくべきことをここで共有しておきます。

館内のルールを守るべし!

  1. 館内では仮面を外してはならない
  2. 私語・スマホの使用は厳禁
  3. 途中退出はいつでも可能

我々は”アノニマス(見えざる者)”として舞台に参加することになります。

そのため、入り口で受け取る以下の白い仮面を館内では決して外してはならないのです。

スリープノーモア

逆に演者さんは仮面を付けていないので、すぐに見分けがつくかと思います。

黒い仮面を付けているのはスタッフなので、トラブルが起きたらその人に小声で話しかけましょう。

また、アノニマス(見えざる者)なので、当然のごとく私語やスマホの使用も厳禁です。

※途中退出はいつでも可能なので気分が悪くなったら速やかに出口に向かいましょう。

動きやすい運動靴で行くべし!

これは断言しておきます!

スリープノーモアを全力で楽しみたいのであれば、”運動靴で”会場に行ってください。

先にも述べたように館内では演者さんを追いかけるため走ることになります。

「走るって言っても大したことないんじゃ?」

いいえ、めちゃくちゃ走ります笑

私も運動神経には自信がありますが、会場の仕組みを熟知している演者さんを追いかけるのは至難の技でした。(まぁ追い切ってやったけどな!笑)

汚れても良い格好で行くべし!

スリープノーモアは体験型ミュージカル。
自分の目の前で演技が行われるのです。

時に血まみれの手で掴まれたり、水が服にかかったりすることが想定されます。

そのため、白物の服は避けた方が無難でしょう。

出来れば捨ててもいいような黒をベースとした服で行くことをオススメします。

スリープノーモアの感想

まずはじめに言えるのが・・・
人によって体験が異なるだろう”ということ。

演者さんをストーカーのごとく追いかけるも良し。
気になった部屋の備品を観察をするも良し。

楽しみ方は千差万別なのです。

これがスリープノーモアの面白いところであり、圧倒的にリピーターが多い理由になります。

  • 第1節(1時間)
  • 第2節(1時間)
  • 第3節(1時間)

スリープノーモアでは、1時間のサイクルを3回繰り返すことになります。

要は、この3回をどうまわるかが肝!

これに関しては個人の自由ですが、私の意見では第1節は”マクベス”を追うのが良いかと思います。

というのも、マクベスは主人公ゆえに物語の流れを把握しやすいからです。

MEMO
はじめての場合、どの演者さんがマクベスか判別できないかと思います。事前に特徴を知っておきたいという方はコメントください。

第2節以降は、第1節でマクベスと絡んだ演者さんの中で気になった人を追いかけてみました。

そうすると第1節の裏側を知ることができ、点と点が線で結ばれる感覚になるはずです。

こんなことを言うと主役に近い人物を追いかけ続けるべきと思うかもしれません。

しかし、脇役の演者さんを追いかけるとライバルが少ないことからかなり貴重な体験をすることができることもあるそう。

その辺のバランスは各自の判断に任せます。

どちらにしろ面白い体験が待っているはずです!

まとめ

ハニ太郎

ここまで記事を読んでいただきありがとうございました♪
本記事のまとめ
  • スリープノーモアは体験型ミュージカル
  • 『マクベス』は予習しておくべき
  • 白い仮面は館内で外してはいけない
  • 当日の服装と靴には気をつける
  • 人によって得られる体験は異なる

スリープノーモア・・・病みつきになります笑

ニューヨークを訪れた際は是非スリープノーモアに参加してみてください!!!

2 COMMENTS

Ryo U

更新される度に毎回記事見てるよー!俺も高校の時NYに留学してたから、思い出して懐かしい!
早く帰ってきて、色々話を聞けるのを楽しみにしてます。

返信する
ハニ太郎

嬉しいお言葉ありがとうございます!
帰ったらご飯でも食べに行きましょう♪

返信する

ハニ太郎 にコメントする コメントをキャンセル